スポンサードリンク




もう耐えられない!頭痛がひどすぎて病院に行った話

頭痛

スピンドルです。

久々の更新になります。

更新をさぼっていたわけではなく、実は頭痛持ちであまりにひどくしばらく病院通いを続けていました。

毎日ほぼ頭痛。痛くて起きれない。眠れない。やる気がしない。不機嫌。こんな日々が続いていました。そのため、約2か月の間病院に通っていました。その間更新はお休みをしていました。そのおかげでだいぶ偏頭痛は改善されました。

今日はその体験談を綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク




頭痛で病院にいくなんて・・・

片頭痛(へんずつう、migraine)とは、頭痛の一種で、偏頭痛とも表記する。発作的脈打つような痛みや嘔吐などの症状を伴うのが特徴である。字画から誤解されるが頭の片側にのみ現れる頭痛を指す症状ではない。軽度から激しい頭痛、体の知覚の変化、吐き気といった症状によって特徴付けられる神経学的症候群である。生理学的には、片頭痛は男性よりも低血圧の女性に多い神経学的疾患である。

典型的な片頭痛の症状は片側性(頭の半分に影響を及ぼす)で、拍動を伴って4時間から72時間持続する。症状には吐き気、嘔吐、羞明(光に過敏になる)、音声恐怖(音に過敏になる)などがある。およそ3分の1の人は「前兆」と呼ばれる、異常な視覚的、嗅覚的、あるいはその他の感覚の(片頭痛が間もなく始まることを示す)経験をするとされる

引用:Wikipedia

偏頭痛は人によって出る症状が違うらしいですが、私の場合左側だけが痛い場合と、頭全体的に痛い場合と、前の方だけ痛い場合と色々でした。痛いところは違いますが、共通しているのは頭を振ると痛い、ズキンズキンと脈を打つように痛いという事。何もしなくても痛いのですが、頭を振ると吐き気が出るほどさらに痛いんです。しかも毎回。

始めて頭痛が出たのは、小学3年生の冬。こたつでゴロゴロしていたらいつの間にか頭が痛くてたまらなかったと覚えています。それはもう鮮明に。

それから約30年ほど長い頭痛との付き合いだったんですね。

高校入試の時も大切な商談の時も肝心な時にいつも頭痛と一緒でした( ´艸`)

自分ではおそらく片頭痛だろうと勝手に思い込んでいた(結果間違ってなかったけど)

なぜ頭痛になるのかわからず、痛くなれば市販の薬で何とか治っていたので、常備薬として常に持ち歩く毎日でした。

ですが、昨年11月ごろから全く薬の効果が効かず、薬を変えても全く効果なし。いつもなら寝ると治る偏頭痛が寝ても治らない。頭痛が治っても寝起きから頭痛がひどいなんてことも。

いつも治るはずのものが治らない不安と頭痛の痛みで、毎日不機嫌でついに上司から「そんなにひどいなら病院に行って来い。そもそも頭痛は脳の病気かもしれないだろ!」と叱責を受けしぶしぶ病院に行く事にしました。

頭痛

頭痛の種類と原因

頭痛にはさまざまな原因があるそうです。

肩こりなどからの頭痛

背中や肩の筋肉が硬直し、それにより神経が圧迫され頭を何かに巻かれたようにぎゅーっと締め付けられるような痛みが特徴のようです。

これを緊張型頭痛と言います。

デスクワークや運動などで同じ姿勢を続けたときにこりや痛みなどが原因で起こる頭痛のようです。

過度なストレスやうつ状態、緊張や不安などの精神の不調でおこる場合もあるようです。

緊張型頭痛を改善するには、心身のリラックスが必要で、38度~40℃くらいの熱すぎないお風呂に長めにつかるなどすることが効果的です。また、明らかに肩や背中の筋肉が硬直しているのがわかる場合などは、ストレッチや筋トレなどが効果的な場合もあるそうです。

片頭痛

片頭痛はズキンズキンと脈に合わせて感じる痛みやガンガンという痛み、こめかみ辺りの痛み、めまいや吐き気などがあることが特徴です。時には目の前がまぶしく感じるほどチカチカする方も。

偏頭痛の原因としては、ストレスや睡眠不足・睡眠過多、気圧・気温の変化、人混みなどがあるそうです。また、はっきりしていませんが食べ物(チョコレートなど)も偏頭痛の原因になるのではと言われています。

偏頭痛は特に女性に多く見られる頭痛で、女性の場合はホルモン分泌量の低下する時期や月経時期に偏頭痛になりやすいと言われているそうです。

錠剤

偏頭痛の治療法

偏頭痛ってまずどこの科に行ったらいいのかわからず、Google先生に聞いてみることに。

調べてみると出るわ出るわ偏頭痛の情報が。偏頭痛で悩んでいる人って結構いるんだなと思い知りました・・・で、とりあえず内科に行ってみるべし!!というご意見が多いようでしたのかかりつけの内科へレッツゴー!!

いつも通っている内科で診察を受けた際、まず言われたのが、

医者「肩こってない?」

スピンドル「???」

医者「肩こりからくる頭痛って多いのよ。どう?」

スピンドル「いえ、トレーニングするようになってからは肩こりはないです。」

医者「じゃ、脳の病気もあるかもしれないから一度検査してみましょう。うちは小さい医院だからMRIとCT検査ができる大きい病院を紹介するのでそっちに行ってくれる?」

という事で検査のできる大きな病院で検査することになり、後日検査をしてきました。

検査結果は異状なし。医院に戻りかかりつけの先生の診断によると偏頭痛だろうとのこと。

脳の病気じゃなかったことを考えると安心しました。

偏頭痛の治療はいろいろある中で、体にも金銭的にもなるべく負担のかからないようにしたいとの事で、投薬による治療をしていくことになりました。

何十種類とある頭痛の薬を1種類づつ試していき、一番頭痛のおきにくかった薬で長い期間投薬治療していく方法だそうです。

もちろん高額な薬もありますが、個人個人で合う薬が違うとのことで気が遠くなりそうな治療ですが低額の薬から試していくことに。

錠剤の飲み薬を約2週間ごと結果を報告し、合わなければ変えていくというように何種類かをまずは試してみました。

私の場合運よく4種類目で合う薬が見つかり現在も飲み続けています。

最初の薬は全く効かず。

2種類目は合わなかったのか吐き気がでて使用中止。

3種類目は飲み始めて3日目あたりから徐々に頭痛の痛みは弱い痛みに変わったものの頭痛は無くならず。

4種類目は飲み始めて1週間目くらいから全く頭痛がなく、それから飲み続けて3週間の間一度も頭痛になることはありませんでした。

先生曰く「長く飲み続けることで効果のある薬の方が体に負担が少ないと考えている。もう少し続けてみて。」とのこと

市販藥で色々あるけどやっぱり頭痛はおこるし、効き目は遅いけどずっと頭痛がおきないようにするには効果的なんだと教えていただきました。「半年、1年と続けていき一度も頭痛がおきないようなら投薬治療は終わりです」とのお話でした。

日の出

悩むなら一度は診察を

頭痛に悩んでいる方は非常に多いらしいですね。特に自分がどの種類の頭痛なのかわからず市販薬に頼っている場合も多いようです。私がそうでしたから。

市販薬は即効性のあるものも多いです。ですが、それが原因でさらに頭痛を引き起こすこともまれにあるんだとか。

きちんと診察し、自分の体のことを知ったうえで治療することはとても大切なことだと思いました。これはどんな病気でも同じだと思います。

同じように悩んでいる方がいればぜひ一度病院で診察してもらうことをお勧めします。

「もう耐えられない!頭痛がひどすぎて病院に行った話」でした。

↓↓ブログランキング参加中↓↓
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

スポンサードリンク